FXのデイトレードとはどんな取引か?

###Site Name###

FX取引では、デイトレードという言葉をよく耳にします。


これは、その名が示すとおり、1日の中で新規の注文から決済までを済ませてしまう取引スタイルのことです。実際には、1日中ずっと取引をしているわけではありませんので、1日の中のある時間帯で注文から決済を済ませてしまうことを意味します。



FXは投資のための取引ですから、資産構築や運用のために行うとしたら、1回だけの取引で終わるというものではなく、毎日の積み重ねが必要となります。


そのため、デイトレードでは、毎日の生活の中で取引を行う時間帯を決めて、その中でいかに利益を出していくかを考えて取引を行うことになります。

1日の取引の中で決済まで済ませてしまうので、取引を行っている間は相場の変動を気にする必要がありません。

この点からも個人がFXを行うのに適した取引スタイルといえます。

デイトレードでは、限られた時間の中で、利益の出そうなタイミングを見て注文を行い、為替相場の動向を見て決済をする必要があります。

もちろん、毎回利益を出すことは不可能なので、損失が発生しそうなときには、損失が拡大しないうちに素早く決済を済ませることも必要となります。



即ち、デイトレーディングは、限られた時間内で的確な状況判断と決断力が必要となるのです。
具体的な手法はさまざまにありますが、FXにおけるデイトレーディングで重要なことは二つです。

iemoの最新情報ならこちらを参考にしてください。

一つは損失をいかに少なくするかということ、そして、損失よりも多くの利益を得ることです。